フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

いいかい学生さん、革命をな、革命をいつでも起こせるくらいになりなよ

それが人間、奴隷にもならず権力者にもならないちょうどいいくらいってとこなんだ。

 

就職氷河期世代の人生再設計に向けて(内閣のPDF)

 

abematimes.com

 就職氷河期という固有名詞に第一世代というインデックスをつけるあたり、底知れぬ悪意を感じる。僕は今までクソゆとり世代扱いを度々受けてきたが、氷河期世代についてはもうちょい悲惨ということで、見てみぬふりをしてきたというか、知り合いにその世代の人がいないので気にしないできた。それを第一世代とかオートインクリメントしそうな番号つけられたら、おいやめろバカ、この日本は早くも終了ですね、と言わざるを得ない。

 

22年ぶりに実施『港湾ストライキが決行されたけど、なんでニュースで何にも報道されないんだろう。 人々の生活に直結する割と重大な事案だと思うんだけど』とネットユーザの声 - Togetter

 

多少の良いニュースもある。ストライキが起こったり、セブンイレブンに訴訟したり労働環境の改善への空気は感じる。後10年後には氷河期のトップランナーが60手前で体のあちこちがダメになり始め医療予算が増大していくわけだが、その時の政府の仕打ちが日本のスタンダードになるのではないか。

 

氷河期世代はおそらく今までの感じからして無抵抗でと殺されるのだろうが、僕らの世代はどうか。なんだかんだで不況なれしつつも、就職率が高いこともあって糊口をしのいでいる人が多くいるような気もする。ただそれは微々たる差であって、引きこもりも非正規安月給も山ほどいて、やっぱり沈黙気味なのは氷河期もゆとり世代も変わらないのかもしれない。

 

つまり氷河期が鞭打たれれば、時間差で僕らも鞭打たれる。次の世代はその流れをみるから抵抗するかもしれない。それはおそらく氷河期世代がどの程度傷を負って、どれほど悲惨な目に会うかによって変わるのだろう。日本とて昔は一揆などが頻発したり反乱があったりしたのだから、その日食う飯に困り、未来が見えなくなり、さらに前にいた人々が血反吐を吐いてのたうち回る姿を見れば、いよいよ街頭に繰り出し連帯を組むかもしれない。

 

そんなわけで僕らが去勢され沈黙をし、そして打ちのめされたことにより、次の世代が反旗を翻すならば、それもまた良しではないか。お前が最前線で戦えと言われそうだが、熱を上げるのがカッコ悪いという世代的雰囲気は拭い難く、デモに出るなど気恥ずかしいしどうすればいいかわからない上、したらしたで不格好でダサく、どうにもサマにならないのはわかりきっている。

 

そんなわけで、この令和元年の30代-40代というのはちょっとばかしナイーブで手本にならない微妙な世代だからこそ、その血でもって次の世代の反面教師となるのだ。