フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

お前が蒸し野菜を食えと言うから

PR

goldhead.hatenablog.com

嫌味に聞こえるかもしれないが、僕は金に困っていないのだ。いや、困るときもあるのだがそれは浪費癖の問題である。僕は一人暮らしで毎日毎日、外食・コンビニで過ごしている。太りすぎてもいないつもりだが、やはりアラサーになると腹の出っ張りが気になる。おまけに乾燥肌だから野菜を食えと言われるのに、実家を出てからというもの料理なんぞしたこともない。

 

一度チャレンジして豚の生姜焼きを作ったのだが、僕はネットでレシピがあったのに雰囲気で作ったせいで不味かった。こんなの外食の足元にも及ばないと体験して以来、料理は辞めてしまった。だが冒頭の記事を読んで、ちょっとはやってみようか、と思った。なにせ簡単だからだ。手の混んだ料理をしようとするから失敗するのだ。

 

料理道具を買いに行った。フライパンがないことを確認して買ったつもりだったが、フライパンはあった。棚の中になかったが、フランス料理屋などで見かけるように、壁に吊るされていたのだ。狭い炊事場なのに、全く見えていなかった。壁に吊るしたのは元カノである。彼女が使いやすいようにそうしたのだ。それで僕は感傷的になってしまったが、ともかく包丁もまな板もある。ムダにフライパンが3つにもなった。

 

お前が言うような、材料を買った。減塩醤油、酢、牡蠣だし醤油、みりんに胡椒も買った。肝心の材料を買う勇気がなかったのでとりあえずそれで満足した。次の日に肉コーナーに行って、鶏肉を見た。100gあたり68円だかの鶏胸肉と鳥肝を買った。こっちは48円とかだったから意味なく買った。僕は頭が悪いが金は多少あったので、一人暮らしのはじめの頃に15万もする相当いい冷蔵庫を買ったのだ。ほとんど水だけを冷やして過ごした素晴らしい冷蔵庫だ。ようやくチルドに肉を突っ込んだ。それで気が済んだ。肉と一緒に半額になった寿司を買ったから料理はしなかった。

 

さらに次の日、さすがに真空保存とは言え、なるべく早く食べたほうがいいと思った。だから野菜を買いに行ったよ。全くどれを買っていいかわからない。お前は葉っぱを買えと言ったが、白菜はハードルが高い。あまり好きではないので食べきれなかったらどうしようかと思ったのだ。そこで豆もやし一袋68円。しいたけ6つ入258円。初回だからここらで手を打とう。後は納豆買ったしこれで大出来だろう。

 

家に帰って早速新しいフライパン、包丁、まな板を用意した。まずどれから切ったらいいのかがわからなかった。鶏肉は一枚の胸肉168円だったので、これを全部使ってもいいだろうと思った。適当な大きさに切った後、しいたけを3つほど取り出して切ろうと思ったが、切り方がわからない。散々食べてきたのにわからない。持つところの処理がわからない。スマホを取り出す。なんだか先っちょだけ切り落とす。傘の部分だけにする。棒の部分は食べれる。だそうだ。もやしは水洗いをするのだろうか。清潔だとは思うが、一応水でさらっとやる。フライパンに水を少し加えて、材料を大雑把に入れる。

 

完成である。これだけだ。あとは牡蠣だし醤油を皿に入れておく。肉が出来上がるのを待つ。フライパンから直で食べられるように、コルクボード的なものも買っておいた。熱々の蒸し野菜と鶏肉をいただく。料理とも呼べぬ代物だろう。だが味は良い。牡蠣だし醤油はうまい。これだけでうまい。ちゃんと胡椒もたくさんかけた。大航海時代では金貨と引き換えにできた高級品だ。たくさんかけた。

 

豆もやし一袋はちと多かったかもしれない。しいたけ3つも多かった。そしてしいたけは棒の部分は薄切りにすべきだった。なんだか野生の香りが口の中に広がって良いものではなかった。先っちょはもっと大胆に切るべきだった。何事も経験である。自炊は安いというのは本当だった。手が込んだものでなければそれ相応に安いのだ。

 

食材管理がうまいひとなら、もっとバリエーションに富んだ安いものを作れるんだろうな、と思った。料理漫画が流行るわけだ。ただの蒸し野菜でも感動できたのだから。料理スキルがもっとあれば、キッチンにこだわり、食材にこだわり、器具にこだわるのも良いだろうな、などと想像が広がった。

 

何より鶏肉の安さ。僕はコレを揚げたものにも1000円のお金を払って食べていたのだ。それはそれで良いのだが、家で作るときっと更にたくさんの量と安さで食べられるのだろうさ。実に良いものである。次は卵料理をしたい。料理といえば卵だろう。卵が冷蔵庫に常備されているというのは絶対的な風景である。

 

ああ畜生め、もっと早くからやるべきだったなあ。とはいえ、料理を始めるに遅すぎるということはない。良しとするさ。

 

 

ヒガシマル醤油 牡蛎だし醤油400ml

ヒガシマル醤油 牡蛎だし醤油400ml