フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

ハリウッド映画によくある火のついたようなセックスが苦手

PR

ゲーム・オブ・スローンズの最終章がアマプラで見れる(別途スターチャンネルEXの契約が必要)。2週前だったか夜の王との決戦に備えて一晩を思い思いに過ごすという話しがあって、主要キャラのアリア・スタークが処女を捨てるというシーンがあった。

 

ストーリーの中では夜の王が強大なので死ぬかもしれないと誰もが思っている。アリアも明日が最後の日かもしれないのでセックスがどんなものか知りたいという。以前から懇意の鍛冶屋の男と一発やるわけだが、このシーンがハリウッド特有の火のついたセックスなのだ。わかるだろうか。

 

処女のくせに上から目線で脱がせたり、もうすんごい勢いのキスをしたりするのだ。アリア・スタークは子供の頃から出ていて今はかなり成長したのだが、あんまり可愛くない。そして処女設定のくせにやったら手慣れているのだが、あれなんだろうね。設定的にエロ動画とか見れない時代なのになんかそれっぽい感じなのだ。

 

これは以前から思っていて、例えばレディプレイヤー1のラストで主人公の冴えないオタク男がヒロインと燃え上がるシーンがあるのだが、お前ぜってー童貞だろ、ってキャラなのにやっぱりハリウッドスタイルのセックスシーンなわけだ。息を大きく吸う感じのキスである。なんなんだ。

 

ウォーキング・デッドとかでもそんな感じだった記憶がある。というかハリウッドの映画全般的にセックスシーンが絵に描いたようなワンパターンなのだ。あの超絶勢いでおっ始める感じがすごく苦手で、処女だろうが童貞オタクだろうが関係なくそういう勢いのあるセックスを始めるのだ。

 

ああいうセックスを書いた教科書でも売っているのか、というぐらいに同じだ。勢いのないセックスを見たことがない。服の脱ぎ方も凄まじい勢い。一人で映画を見ていても目をそらしたくなる。侘び寂びがない。どんな知的なキャラもいきなり動物に変わる欧米人の習性を見せられると、まあなんというか萎える。セックスシーンに意味をもたせているケースってそんなにないように思うし。とりあえずやってます感だけど、ストーリー的には男女関係なんですよ、彼女は彼のものですよ、的なお知らせの意味があるのかもしれない。それでも紋切型の燃え上がるセックスなのはいただけない。

 

これは日本で言うところのアニメの3話目ぐらいに温泉の話とかプールの話とかを挿入するぐらいのお作法なのかもなとも思った。

 

僕はだいたいハリウッド製の映画しかみないからこれからも、あの火のついたセックスを何度も見せられることになるのだろうな、と思うと何だかため息が出るのだ。