フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

アイドルの結婚、共感憎悪、川栄李奈

PR

ご報告です。 | 川栄李奈オフィシャルブログ Powered by Ameba

『ガチ恋営業』という謎ワード 【川栄李奈・廣瀬智紀結婚発表】 - Togetter

 

少し前の話題なのに共感憎悪にかられて眠れなくなった。

 

共感羞恥という言葉がある。誰かが恥をかいている瞬間を見たり、小説や漫画のシーンに恥をかく人がいたりするのを見たとき、なんとなく自分まで恥ずかしくなるというやつである。

 

僕はこの憎悪バージョンもあると思う。アイドルの追っかけなどはしたことがないし、AKB系のCDも買ったことはないし、握手会とも無縁だ。だがこのアイドルのデキ婚に何となく憎悪を覚えたのだ。TVをほとんど見ない僕は、この人のことを全く知らなかった。AKBの出世頭らしい。指原だとか前田敦子は知っていてもこの人に関しては知らなかった。才能ある演技をするらしい。

 

アイドルのような売り方をする声優の結婚などでも話題になるが、その彼女に恋心を持って、もちろん叶うわけがないと知りながら貢ぐファンがいる。アイドルというのはそうやって搾取をしているビジネスモデルだ。

 

アイドルというものを悪意を持って表現するならば、歌も踊りも演技の才能もないが、若さとそのルックスで、(ほとんど異性に)恵まれない人々からお金を奪い取る仕事であると思う。もちろん彼女持ちだったり、イケメンだったりするのも中にはいるだろうが、握手会だとかイベントの写真を見ればわかる通り、異性的な魅力に恵まれぬ人たちばかりに思える。そういう人たちが、働いた金を、チェキだとかにつぎ込んでアイドルが人気を維持してさらに活躍することを望むわけだ。

 

そこは恋心と不可分であるように思う。一部余った金を際限なくつぎ込む富豪もいるだろうが、そんなものは少数派だ。大半の人は、まるで女神のように「推し」を崇め、そうして最後には裏切られるかもと知りながらなけなしの金を喜捨し続ける。健気な羊だと思う。

 

で、突然の結婚、妊娠である。

そんなの個人の自由では?

 

んなこたあわかっている。大抵のアイドルなんて何の飛び抜けた能力もねえ、それを食えるように支える献身とは、恋心のなせるものだ。アイドル側も運営もそれをわかってて利用している。それが唐突に「おう、イケメンと付き合ってたし子供もできたで」とくるのだ。そういう日が来ることがわかっていたとしたって、何となく準備というものがある。ファンはきっとこう思う。

 

「まだまだ若いし」

「来週チェキ会もあるし」

「これからどんどん仕事をする中で結婚なんてまだのはず」

そう思って財布から諭吉を、いや渋沢栄一を出す。

 

彼氏が出来たことも黙りながら、恋心を利用してファンから金をむしり取る。僕はその最後の邪悪さに、憎悪を覚えるのだ。

 

「実は結婚を考えている人ができました」ぐらいのことを先に言えないだろうか。そうすれば諦めたファンはお金を貢がずに済むはずだ。恋心破れる予定のファンに金を残そうと思う情があったっていいじゃないか。

 

だが1年以上もそれを黙って金を搾取し続けたのだ。昨今の風潮としてファンなんだから喜べみたいなことがある。馬鹿かよ。誰のものにもならない状態という人間としては不自然なステータスに、多数の恋心の余地があり価値を見出していたのだろう。そうじゃなくなったら、クソほどの能力もないアイドルに貢ぐ理由なんてないじゃないか。誰にでも個人の幸せを実現する権利はあるが、もちろん恋心への配慮は契約しているわけではないだろうが、暗黙の了解ってものでビジネスをしているんだろう。それを一方的に破っておいて、祝福しろもなにもないもんだ。

 

女優としての能力は高いです、というなら舞台なりドラマなりでがんばりゃいい。記念撮影でその距離間に高い金を支払わせるなんてあんまりじゃないか。その距離は恋心の距離だろう。誰の女でもないから近づくことの価値がある。

 

というふうな感情を持っている人たちが、デキ婚を批判的にブコメしたのだろうが、彼らが否定しているのはデキ婚でなく、自分たちがその気配に気づきさえせず、間抜けにもアイドルの背後の男に貢いでしまった不覚からではないだろうか。

 

いや、どっちにしろ運営やスポンサーを養うだけのビジネスだろ、というなかれ、そこにはスタッフというビジネスだけの関係で特別な、つまり感情だとか体のつながりがないから、アイドルを支える人たちへ金が行くのは許せる。アイドルを独占できる男との共同生活のために金をくれてやるファンがいるか。ファンは怒っていい。祝福しなくてもいい。泣いてもいいのだ。

 

恋心が失われる日をずいぶん前から知っていたアイドルが、その邪悪さ故に祝福されないのは仕方がないじゃないか。いともたやすく行われるえげつない行為じゃないか。

 

アイドルにも人権があります。恋心はファンが勝手に抱いたものです。というなら最初から歌や踊りの才能だけで売り出せばいい。ガチ恋ファンがいたら、「あなたは誤解しています、そんなにお金を使ってはなりません、歌の質で売っているのでストリーミングやライブだけ楽しんでください、CDを何枚も購入することに意味はありません」というべきだろう。そうじゃあない。いけしゃあしゃあとガチ恋を利用していたのだ。

 

おまけにアイドル同士で競争までさせて、「あなたの推しが負けてしまいますよ?もっとチェキと握手会に参加しましょう」とやってきたわけだ。

 

僕はファンでも金を使ったこともないが、このように最大級の裏切りをするようなアイドルの出演作なぞ見るかよ、という気分ではある。

 

女性としての幸せを求めるならアイドルをやめて、ファンに告げるべきだ。

 

「あなた方のアイドルじゃなくなりました。これからはいい人がいたら彼氏になってもらいます。ひょっとしたら妊娠するかもしれません。だから極端にグッズやチェキを買うのはやめましょう。そのような日々は過ぎ去ったのです。現実に帰るときが来たのです。」

 

それを言わなかったなら、恋心を利用して最後の最後までスケベ心で搾取を続けたアバズレ以外のなんだというのだ。誠実さのかけらもない。

 

そんなわけで、悪意を持ってどうしようもねえ男共を搾取した奴らに呪詛はあっても祝福なんぞねえ。こう思っているファンはたくさんいるはずだ。

 

だから僕は裏切られたすべての男たちのために祈るぜ。涙も流すぜ。