フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

女性が#kuTooをやるなら男性は#Suitooをやるべき。スーツいらんマジで。

PR

女性は女性で気苦労があるんですねってのはその通りなのだが、女性だけが束縛されているわけではない。僕が正社員だったころは毎日スーツに革靴だった。フリーランスエンジニアになっても契約会社によってはスーツ着用で作業しろとか言い出すこともある。

 

KuTooの運動は悪いものではないが、それを性差別と言い出すのはいかがなものか。不要な社会規範に対する反対ということではダメなのか。女性だけが着用が義務づけられているから差別というより、男性が普段から味わっている規範の強要の女性版でしかないのではなかろうか。女性差別というよりは、男性の規範に対して女性ならヒールだろうみたいな。

 

もとを辿ればスーツにしてもヒールにしても西洋かぶれの明治維新以降の話なのだから、西洋の輸入品のルールを惰性で続けている日本社会が問題なのだ。これは差別というより勝手に作って変化が面倒だから残っている西洋への憧れの残滓というべきものだ。

 

女性差別と捉える人は男性が楽をしていると思っているのだろうが、革靴も窮屈だしスーツはもっと窮屈で暑い。もちろん仕事にヒールなんぞはいらんだろうし、それは大いに反対してくれてよいのだけど、女性差別ではないと思う。くだらない社会規範なのだよ。

 

僕自身も社会に残る謎の規範については、合理的でないならなくせばいいと思う。男性は楽をしていると思わずに、むしろ男社会の規範でたくさん縛りがあることを理解していただきたいものだ。

 

スーツくそだるいですよ。