フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

肌荒れ改善には有酸素運動が有効ということ

先週の土曜に友人とサイクリングに行った。次は京都の祇園を目指したわけだが、八幡あたりのサイクリングの休憩所的なところで友人の足が痛みだしたので帰った。往復で65km程度だった。僕は初回のサイクリングで75km程度走ったのだったが、家でシャワーを浴びると、アトピー肌のグズグズになっていた部分が全て洗い流されてツルツルになったという体験をしたのだ。その確認をするためにも再度のサイクリングにでかけたわけだ。結果はどうだったかというと、本当にマシになったのだ。かきすぎて傷になっている部分などはさすがに治るわけではないけれど。

 

アトピー肌というのは薄皮が白っぽくめくれそうになっているという部分が結構あったり、日焼けで肌がめくれるみたいに、茶色っぽい皮で膨らんだような部分があったりする。こういうところはお湯でふやかして石鹸で洗い流して保湿する。

 

ところが朝シャワーに浴びる程度では乾燥させる時にめくれ上がって見苦しくなることがしばしばであった。さすがに20年も自分の体と付き合って来て、ビタミン剤を飲んでも、掃除をしても、ダニ用の防虫剤をベッドにふりかけたりしても効果があるのかないのかわからないことが多かった。掃除をサボっていても大丈夫な時があったり、明らかに外食続きでも調子のいいことがある。今みたいに仕事は順調で定時帰り、ストレスもないような時期でも肌がグズグズになることもある。パターンがわからなさすぎて半ば諦めていた。例外的にイギリスにいる時はずっと肌荒れが起きなかったが。

 

ロードバイクを買って乗り始めてから、初めて肌が完全に良くなるパターンを見いだせたと言えるだろう。問題なのはその効果がいつまで続くのかである。土曜日にライドしてから3日目の火曜日には怪しくなり始め、水曜日には肌がボロボロになり始めた。発汗と血行促進の効果が続くのはせいぜい3日で、4日運動しなければもとの悪い皮膚が表面化するというわけだろう。検索しても運動して汗をかくことが美肌への一歩とするサイトが多い。

 

とはいえアトピー肌というのは、人と比べては肌が荒れているという印象だと思う。実際に昨日よりはマシだけれど、両腕は発疹のように赤らんでいるし(それでも昨日よりもひいたことがわかる)、目の周りが白っぽくめくれそうになっているところがある。だがおでこのめくれそうだった皮膚は全て洗い流れて良い感じになっている。人と比べれば駄目でも、前日比でみるとかなりマシになっている。心なしかイライラも収まった気がする。

 

前日に走った距離はおおよそ30km。気温の低い夜だけあって汗でドロドロというわけではなかった。やはり気温が高く軽く走っただけでもドロッドロになる昼間の方が効果的かもしれない。距離的にも30kmだと1.5時間ぐらいだが、少々短い。それでも前日よりも遥かに肌の調子がよくなるんだからすごい。

 

だが日中でないと、ありとあらゆる汚い皮膚が落ちるという感覚にはなれなそうだ。それでも2-3日に一度は2時間程度のサイクリングをしたほうがいいということがわかった。良い傾向だ。