フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

憂鬱でやる気がない人は運動不足なのではないか

タイトルに鬱病などと迂闊に入れようものなら

「明日ここに来てください、本物の鬱病をお見せしますよ」

という鬱病ガチ勢からクレームが来そうなので、憂鬱でやる気がない人という婉曲表現にとどめておく。

 

いつもとは違う変化が僕に訪れている。日に日にやる気に満ちているのだ。

 

www.byosoku100.com

www.byosoku100.com

今年の3月などはこのように、もうダメだ、僕は終わり、やる気がない、クソみたいな30代が過ぎていく、みたいになっていた。極端な鬱とは言わないが、やる気ゼロ、家でダラダラしたいというサボタージュ精神状態であった。

 

www.byosoku100.com

それらは6月に入ってもだいたい同じでネガティブで内相的になっていた。が、しかしである。7月に入り後半になるにつれ、ネガティブな精神がクソポジティブ精神によって侵食されつつあるということがはっきりとわかるようになった。

 

変わったことといえばロードバイクを買ってサイクリングを始めたことか。ほぼ週1-2回は走るし50kmを超えるライドも2回ほどした。雨がふらなければもっとライドしていただろう。そしてこのままじゃあ駄目なのでは?もっといい感じに効率的にインプット・アウトプットをして、人間を向上させるべきでは?という意識高い系ポジティブマインドを持った内なる自分が語りかけてくる。

 

先週は映画3本も見に行ったし、予習のトイストーリーシリーズをアマプラで3本みたし、帰ってだらけてしまうぐらいならと帰り道の喫茶店で読書したりしたし、奈良の法隆寺見物に行ったし、肌があれ気味だからちょっとライドして汗かくか、と帰ってきてベッドでクダグダモードに入ったにも関わらず、このままじゃ寝ちまうわ、と21時からチャリ漕ぎ出して24時に帰ってくるなどというパワープレーをしたりした。夜にベッド上でスマホいじりだしたら、僕の一日はもう終わり、みたいな生活スタイルだったが、そこから起き上がる労力は朝起きることとはわけが違う。しれっと走りに行って今日不図思ったのだ。

「これが、オレの力…なのか!?」

 

あまり気にしていなかったけど、なんか行動力がやたらとある。普段だとワンパターンな暮らしをしているのだけれど、少しずつパターンから外れた行動をとっている。

 

運動すると疲れてそれ以外しなくなるかと思ったけれど、運動をしない日の気力みたいなのが大幅にアップしている気がする。そんなわけで 運動するとむしろ気力が回復する理論に基づいて、憂鬱でダラダラしている人は何かしらの運動をしてみてはいかがだろうか。