フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

来年の抱負

PR

高校生の頃、僕はすごーく真面目な生徒で、遅刻せずに2年生までを過ごした。正確には忘れたが、2年生のいつだったかに遅刻をしてしまって、皆勤賞みたいなのを逃した。糸が切れたかのように3年生のころはポツリポツリと遅刻した。皆勤賞を逃した時の絶望感は忘れていない。そういうことなんだ。僕はそういう人間なんだ。糸が切れると終わり。なので期間を区切ったなら最初に全力を出して、多少貯金する。そういったプランが必要だ。

 

いろいろな「始まり」が人生にはある。入学だったり、入社だったり、引っ越しだったり。一番手軽な「始まり」は年始だろう。1月1日は望もうが望むまいがやってくる。紅白を見たり除夜の鐘を聴いたり、お参りに行ったりして、心機一転。みんなが抱負を語り、やることを語り、今年こそ飛躍の年にするぞ、と意気込む。

 

僕自身がやるべきことはスタートダッシュを決めることだ。だから来年の1月から新しいスタートとして年間を通しての抱負を決める。それは勉強なのだが、ただの勉強するだけでなく、その日の勉強内容を簡単にでもいいからブログに書くということをしたい。基本的に毎日することを目標にするが、週刊少年ジャンプの発売日は休むくらいのペースなら合格とする。少年ジャンプってだいたい年間50冊ちょっとぐらいなので、2020年勉強タグを作って、2020年の終わり頃に300以上の記事があればミッションコンプリートということにする。

 

幸いにもブログ自体は書くことに抵抗がない。せっかくPCの前に座るのだから、当日の勉強内容をアウトプットするというのは億劫にならないだろうし、そのために勉強するモチベーションになるのではないか。そうだ、そうしよう。呪術の縛りで能力を底上げしよう。制約と誓約でレベルをあげよう。僕は毎日ブログに勉強内容を書くことで力を底上げする能力者である。みたいな。

 

それにブログに書く勉強内容も縛る。数学と英語とプログラミングをメインにしよう。英語5数学3プログラミング2ぐらいの割合を目指そうと思うがまだわからない。

 

当面英語をメインにしないといけない。

 

それよりもサボり続けた仕事のツケを払うこともしないと。

2020年のスタートは陰鬱な日々になりそうだ。