フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

フラグ回収

PR

www.byosoku100.com

2月の仕事の面談を受けてきて、まあ確実に受注だろうな、という感触があった。面談の日の朝に、今の案件の延長提案があった。予算が通ったらしい。僕が思ったのは、あるいは定期的な読者の意見を代弁すると、このサボり野郎が仕事を失う日が来ないのはおかしい、ということかもしれない。 

 

昨日イキリちらかしたら、面談した仕事が流れるという連絡が来た。即オチ2コマかよ。

 

www.byosoku100.com

朝の5時くらいまで作業して、developのソースをマージした結果、ログインさえできない状態になり、やる気のすべてを失った。朝っぱらから仕事してまっせアピールのため、朝の5時にエラー画面とともに丁寧なメッセージを送った。そんで仮眠した。DBをAWS本番環境からぶっこ抜いて、他人のソースマージしたらログインさえできなくなるってどういうことだよ。

 

今回の案件のひどいところは、フレームワークの最新版を使っているのに、なぜかログイン機能もDBアクセスも俺俺ミニフレームワークみたいな作りをしている。ORマッパーなんか使わずに、なぜかwhere句を配列にし、別ディレクトリのAPIに投げるという謎仕様。その御蔭で、SQLがログに出てこない。

 

ログインできねえから、中心人物とPMが二人がかりで対応する、AWSでテスト環境を作るために、DBアクセス設定ファイルをAWS仕様に変えてそのままgit pushしてくれた結果、ローカルのDBにアクセスできねえというわけだった。なんでDBのアクセスに関わるファイルが3つもあって、envファイルさえ使わずにパスやURLをハードコーディングしてるんだって話だ。

 

チャットから伝わる「いいからよく見ろよ」みたいな空気に苛つきつつ、やっと入れたと思ったら、マスタから取得していたはずの値が取れなくて、エラーでてんの。昨日までは動いたじゃん。「何もしてないのに壊れた」

 

そのエラーも問い合わせすると、ログインエラーを対応した中国人は忙しいから知らねえみたいなことになったらしく、PMが対応。同時進行で久しぶりにログ書き込みを独自実装して、一つ一つあたっていくと、DBクエリ発行に必要な変数設定がないことに気づいた。それに至るまでPMがよほど苛ついたらしく、フロイドさんの環境「だけ」動かないんですよね、などとチャットしてきたあげく、外注の詳しい人2名にヘルプを求めてきたあたりで、もう卒業していいよね、という気持ちになった。

 

外注の人が、XXファイルに変数設定抜けてませんか、と優しく言ってくれたが、去年それ僕が設定したはずなんだがねえ、と思い見ると最新ソースでは消えてやがる。

「最新ソースだと消えてますねえ(てめえら消しただろ)」

と僕が言うと、PMが先走って

「developへのメージサイクルが長いんじゃないでしょうか。以前言った通り細かくマージしてください」

とか抜かしやがって、頭がフットーしそうだよ!

外注のリーダーは僕の意図を読んだらしく

「消えちゃってたんですねえ。治ってよかったです」

と言った。わかってねえのはクソプロパだけだよ。

 

だけども頭がフットーしたんだな。腹が立ったのでgitのログを調べると、やっぱり過去に設定していたのを最近になって消していた。APIアクセスに必要な情報配列の順番さえ変わっていたから、丁寧に色々と指摘した。

 

「僕が設定した変数消えているんですが、意図的に整理しているように見えます。間違って消したかもしれませんが、そのおかげでクエリが発行できなくなっていました」

 

PMがおとなしくなって、「意図的に整理しています。仕様にそってうんぬんかんぬん」と言い出したが、その仕様について全然知らなかったんですけど??バーリートゥードと思って組んでいたら、変数名の指定まで必要な細かさだった!

 

外注のリーダーは、この定義だとAWS上で動かないかもしれませんねえ、と言い出して、僕が作った部分をかなり手を加えないといけない空気になっている。PMが今の所そのままにしておいて後からマージするとしたら僕への負担がどんくらいになるかとか言い出して、チャットが切れた。もう知るかよ。とは言っても僕の方も進捗悪いから、ややこしいところはそのままにしておいて時間を引き伸ばすことにした。

 

並行して裏では僕の営業担当が仕事取れなかったので、今の現場延長依頼来ているしやってくれみたいに言い出して、一日考えますってひとまず置いたけど、その後の流れが上で説明した通りで、PMもかなりイライラしているし、後1ヶ月延長したらクソクオリティプログラムに発狂するはめになるし、すでに責任転嫁の予兆が見え始めているので、1時間後には正式に終了申請した。

 

3年連続なんですよ。この時期って結構イライラしたPMに当たられることが多い。1年前もめっちゃブチ切れられたし、2年前はたしか支払いを一部削られた。今回はまだマシだけれど、後1ヶ月経ったら営業にクレームが行くだろうという予感がする。営業には2-3月に仕事が入んなくてもいいっすよ、って話ている。

 

いい加減にしろよ。フレームワークを使うなら独自要素はなるべく削れ。どうせ社内で使うアプリなんだから、最新フレームワークなら十分機能するんだぞ。ORMも使え。遠慮なく。よほどアクセス集中するような一般向けアプリじゃなけりゃ、人類の叡智たる標準機能で十分なんだよ。DBアクセスファイルだって一つにまとめられんだろ、URLのハードコーディングはやめろ。全員が全員触れるかもしれないファイルはenv連携してからpushしろ。

 

積み上がったクソ要素が我々を引き裂いて苦しめる。プログラマはクソコードを書く理由があって書くのだ。誰だって好き好んで書いているわけではない。

 

だとしたってこんなのってないよ。