フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

一つのことしかできないので

PR

随分と久しぶりにブログを書いている。スマホを使う時間は多いが、PCの前に座る頻度は大幅に減った。43インチの4Kテレビを買ったので、それを利用する日がずっと続いた。テレビを見るのではなく、Netflixとゲームに使っていた。2/14に「十三機兵防衛圏」を購入したのがことの始まりだ。そこから3/4に「ペルソナ5ロイヤル」4/5に「ペルソナ5スクランブル」4/10に「FF7 REMAKE」ずっとゲームをやり続けた。

 

トロコンするようなタイプではないが、エンディングまではほぼ必ずやる。そうしてほぼ2ヶ月間に渡って寝るかゲームかの生活だった。もちろん散歩だとか、ドラクエウォークとかクラクラとかのスマホゲーもぼちぼちしていたし、ブラウジングはてブも閲覧していた。自堕落、自堕落アンド自堕落。とくにペルソナ5Rはまずかった。普通にクリアするだけで100時間近くかかった。これでも早い方らしい。ハマった人は周回するのでさらに時間を使う。

 

ようやくゲーム熱が冷めた。改めてゲーム評価エントリでもそのうち書こうと思うが、FF7をクリアしたことで一区切りついた気がする。僕は一つのことしかできないタイプだ。一つのソフトを買うとそれに意識が縛られて切り替えて他のことをするというのが難しい。ブラウジングはてブは一つのことに含まれないので、ダラダラと閲覧できる。僕が想像したより世間が一つの話題に染まっているので、少しばかり時間は減ったかと思う。DQウォークはアンインストールした。やりたくてやっているのでなくアイコンがあるからタップしてしまう程度の価値だからだ。

 

あまりにも社会がつまらなくなって、病気の感染が怖くてどこにも行かない日が続いている。pitapaの支払いがほとんどゼロに近くなってて、それだけ電車を使っていない証拠だ。寒さが長引いているせいでガス料金は3ヶ月連続で震え上がるほど増加した。服は買わない酒も飲まない。僕は模範的市民であった。

 

数日前、久々に会う友人たちと餃子パーティをした。友人とその彼女が同棲するマンションでゲームができる奴らを呼んで、出張ばかりしている友人のゲーム熱を処理するために集まった。不要不急ではあるがこれぐらいは許されるだろう。その2週間前は飲みが好きな友人と3人で飲み納のように地元の小さな居酒屋で酒を酌み交わした。夜のラウンジはほとんど閉め始めていると聞いた。酒を飲むことが生きがいのようになっているやつだったから、このご時世は辛いだろう。

 

僕は天気が良くなったらバイクでどこかに行きたいなあなんて思うけれど、万が一事故を起こして怪我を負っても、きっと救急車はなかなか来ないんじゃないだろうかという恐怖がある。天気がいいかどうかは問題にもならない。僕が考えていたカタストロフィはまだ来ていない。ただ以前より色あせて退屈になった、というだけだ。

 

 

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game
 
ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: Video Game