フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

うまくいっているけれども

PR

ビジネスの結果、おそらく最低限の予測売上が立ちそうだ。7月においては。正直なところプログラマ時代の半分の売上で、しかしながら作業時間は3分の1ぐらにはなっている。時間あたりの単価は上がったと思う。

 

SES契約だと一ヶ月あたり160時間-180時間は働かなければならず、別途通勤時間がかかる。今じゃ僕は自宅で適当に作業して好きな時間に起きて好きな時間に寝る生活で、7月は以前の平均的売上の半分ぐらいは行くと思う(多分)なわけで、悠々自適もいいところだ。大阪市に住む僕もついに10万円の給付金が得られて、この不況で失った仕事のバッファに使おうと思う。

 

凄まじい睡眠時間だ。1日12時間は寝ているんじゃないかというぐらい。プログラマとして仕事をすると、うまく行かない葛藤だとか、際限のない技術更新と接することで、なんとかモチベーションをあげようと必死だったし不安でもあった。

 

だがスモールビジネスを初めて依頼、初月こそ売上半分ではあるが、時間が経てば経つほどプログラマ時代と同じぐらいの収入は得られそうな予感がしている。労働時間は3分の1で通勤時間、上司、オフィスなしだ。しかも今あるスキルだけで対応できる。

 

こうなると上昇志向とか勉強とかに対して億劫になる。時間あたりのパフォーマンスがさして上がらないだろうし。だから趣味に使いたいと思いつつ寝てしまう。ひたすら寝てしまう。完全に人間が腐っている。

 

PCひとつあれば作業ができるので、どこか田舎で1ヶ月ぐらい旅行がてら籠もりたいと思うんだけど、時勢柄歓迎されなさそうだし、家に引きこもるだけだと人生なんなのかさっぱりわからなくなるから困る。

 

人生つらいことはなにもない。

ただ辛くないというだけではな足りないんだろう。

幸福度が高いというよりは不幸度が低いという生活。

まーた贅沢になってきた。