フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

一人で海水浴に行くおっさんの気持ちは如何ばかりか

ワタシノコトダ 土曜、日曜と徳島県にバイクで行ってきた。海の日もあるし、海水浴場があって一泊できる地域に行こうと思い立って、大阪から程々に近い徳島を選んだ。 いつものことであるが連休で大阪から西に行くというのは、阪神高速の大渋滞で疲れる。阪…

Instagramの人生模様を見て鬱になる

Insatagramは自分の人生カットを少しだけ保存するのに便利だ。1投稿につき10枚という写真数上限がいいのだろうか。よく吟味してから最も良いものだけを上げる。たまに思い出したい時なんかには良い。 ところで飯とか旅行先とか、赤ちゃんがレモン食べている…

妄想に苦しむ

妄想するのが好きだ。 昔から好きだ。 ネットでは日本人の共通妄想として「学校にテロリストが乗り込んでくる」みたいな展開が知られている。僕は最近でも勝手な妄想にふけるのだが、かっこよかったり都合のいいものではない。 だいたいが失敗して詰められる…

読者の地雷を踏むということ

記事がバズったおかげで、ブクマランキングに入った。 月別で27位。週間で12位と健闘した模様。 いつもまとめていただいてありがとうございます。 yto.hatenablog.comblog.hatenablog.com ところでブログでエントリーを量産していると読者の地雷を踏むことが…

相席居酒屋で一言もしゃべらない系女子とかいうシステムハック

先日で一人で焼き肉屋に行って「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」とか言いながら肉を食べていた時、前の席で二人組の男たちもまた人間火力発電所になっていた。 僕は話す人もなくただ黙々と肉を焼いて食べるアルゴリズムに支配されていたが、二人組は…

大阪は貧乏人ばかりなので分断というより、総貧乏のじゃりン子チエ化しているのだよ

gendai.ismedia.jp 大阪は分断されている!みたいな言説はちょっと微妙だ。もともと格差社会なのが大阪というか、多数の貧民に少数の金持ちって感じで中間っぽいのが少ないと言うか、中流層でも大阪的下品さがあったり、明るさがあったりでイケてる感じがし…

文学的漫画ってのを知りたいなら読んでみるべき「四年生」「五年生」

げんしけんとかで有名な木尾士目先生の作品 四年生 (アフタヌーンコミックス) 作者: 木尾士目 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/11/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る [まとめ買い] 五年生(アフタヌーンコミックス) 作者: 木尾士目 …

平成の終わりが近づいてきて思い出す1999年

光陰矢の如しとはこのことだ。 あっという間に日が過ぎていく。 このブログの500記事目だし昔を懐かしんでみよう。 もう2018年は半分が過ぎ、僕の32歳が始まり、また一歩改元と運命の東京五輪に近づいた。 この感覚は久しく感じることのなかった懐かしい感じ…

その土地でやって行くという覚悟

金曜日の夜に長期出張から帰ってきた友人と飲んだ。長期と言ってもせいぜい1ヶ月ではあるが、僕と昔ながらの友人数人とは1-2週に1度は会って飲むので、1ヶ月会わないというのは中々珍しいのだ。 遅い時間から飲んで、終電を逃したから友の家で泊まることにし…

マンスプレイニングがなくなる年齢について

マンスプレイニングとは男性が女性に無知だと言う前提で偉そうに説明するような態度のことを言う。音楽やら絵画、政治、ビジネスなどなど「オレは詳しいんだぞ、お前に教えてやるよ」という感じのあれだ。ManとExplainから来ている。 ところで僕は被害者は女…